結婚式の招待状はいつ送るべき?送り方と時期について

結婚式の主役は花嫁さんと花婿さんですが、式の当日までは式場選びからプランニング、そしてゲストを招待するなどやらなくてはいけないことがたくさんあります。その中でも特に大変なのが招待するゲストへの連絡です。
ここでは、マナーも重要となる結婚式の招待状の送り方や時期について、詳しくご説明していきます。

結婚式の招待状を送る適切なタイミングは3ヶ月前

招待状を送るタイミング

結婚式の招待状は結婚のお知らせと式への招待、そして出欠確認という重要な役割を担っています。
出欠確認ができないと、席の数や並び方が決められませんし、お料理の注文数も確定できません。
スピーチを誰にお願いするのか、余興はどうするかなどプログラムの詳細も決められないなど、式に準備に支障をきたしてしまいます。
また、ゲストの都合も考えなくてはいけませんから、式まで日にちが空いていないタイミングで出すのはマナー違反になります。
結婚式はお祝いごとですから、招待する方もされる方も困ることがないように、招待状を送るタイミングは双方の予定がたてやすい時期に合わせるのが理想的です。

こういったことを考慮すると、招待状を送る適切なタイミングは式の3ヶ月前となります。
このタイミングであれば、返信期限を過ぎてしまうゲストがいても柔軟な対応ができますし、ゲストの方もスケジュールを空けることができるでしょう。
もちろんあくまでも目安なので2ヶ月前でも大丈夫ですが、ゲストの方を慌てさせないように、返信期限が短くならないように余裕を持って送ることを心がけてください。

消印が「大安」か「友引」になるように合わせる

お日柄というのは、結婚式を挙げる二人にとっても招待を受ける側にとっても大事です。
特に年配の方は招待状の消印を気にされることもありますから、招待状を送るのは大安か友引を選ぶのが正解です。

結婚式にまつわることは、すべて縁起をかつぐのが慣習になっている地域もあるので、式の日だけではなく、招待状を出す日のお日柄もチェックしておきましょう。

招待状の適切な送り方はマナーを守ることがポイント

招待状のマナー

招待状というと、文面と内包するものとデザインを決めたら後は印刷して送れば完了と言うイメージがあるかもしれません。
これは間違いではありませんが、宛名の書き方や切手などには招待状ならではのマナーがあるので、マナー違反にならないように注意しましょう。

宛名は濃い筆ペンを使って毛筆で!

まず宛名に関してですが、手書きの場合は毛筆で書くのがマナーです。
文字が薄いのはお悔やみなどに使うため結婚式の招待状にはNGですから、慶事用であっても色の濃さに気をつけて、濃い筆ペンを用意してください。
招待客が多くて手書きは厳しいという場合は宛名印刷でも大丈夫です。
ただし、招待状のデザインに関わらず、宛名は礼儀をわきまえて明朝体のようなしっかりした書体にしましょう。

郵送は慶事用の切手を貼り住所や宛名の間違いがないようにする

郵送する際に一番気をつけなくてはいけないのが、住所や宛名を間違えないことです。長年会っていない人を招待する場合は、必ず住所が変わっていないか確認してください。

また、苗字が変わっているのに直していないなんてことがあると大変ですから、宛名書きや印刷をする前には、大変かもしれませんが住所と名前が合っているかすべての招待客のチェックをしましょう。

切手に関するマナーは、慶事用のものを使うということです。
これは返信はがきも同じなので、返信はがきにも慶事用の切手を使ってください。
送る際には、切手の金額が不足しないようにするため、できるだけ窓口に出すのがおすすめです。
窓口から発送すれば切手の金額不足を心配する必要はありませんし、ポスト投函では招待状が折れてしまう可能性があるので、郵便局に持参しましょう。

手渡しするときは住所は書かず宛名だけを明記する

友人や会社の同僚、上司などには直接手渡しをする方もいますが、この場合は住所は書かずに宛名だけを書くのが礼儀です。
住所まで書いてしまうと、郵送するつもりだったけど会えたから手渡しにしたと捉えられてしまうかもしれず、これは大変な失礼にあたるので注意しましょう。
普段は会う機会がないとしても、主賓や仲人、恩師などには招待状を手渡しするのが礼儀ですが、遠くて会うのが難しい場合は郵送でも問題ありません。

二人の思いを込めた招待状を作るために流れをしっかり把握しましょう

結婚式の招待状を送るというステップは、結婚式の準備の中でも一番時間がかかりますから、早めに取り掛からなくてはいけません。
ゲストへのおもてなしは結婚式の招待状を送ることから始まっているので、とりあえず送って出欠確認出来れば良いというスタンスはNGです。

ゲストに式を楽しみにしてもらえるように、デザインや仕様など二人のこだわりを詰め込めるように、招待状作りには時間をかけたいもの。
送り方や時期が分かっていれば準備をするスケジュールも組みやすくなるので、マナーもしっかりチェックして、心のこもった招待状を送りましょう。

関連記事

  1. 船での結婚式!船上ウェディングでの魅力・注意点とは
  2. 船上ウェディングで忘れられない結婚式をしよう!
  3. 神戸で結婚するなら船上で挙式しよう!動く景色・船上での料理・豪華…
2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP