神戸で結婚するなら船上で挙式しよう!動く景色・船上での料理・豪華な演出の3つが魅力

一生の思い出に残る結婚式を挙げたい方には、神戸での船上結婚式がおすすめです。神戸といえば日本三大旅客港のひとつであり、日本有数の港町です。豪華なクルーザーを一隻まるごと貸し切って、神戸の景色を一望できるオープンデッキや、非日常感あふれるブリッジ(操舵室)でのウエディングができます。

そこで今回は、神戸で船上結婚式をする3つの魅力を紹介します。船上結婚式の注意点も解説しているので、結婚式のプランを検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。

船上結婚式の魅力は動く景色・フルコース料理・船ならではの演出の3つ!

神戸で船上結婚式をする魅力は、船上ならではの非日常感を味わえることです。オープンデッキからは神戸の海や山、町並みを360度大迫力で見渡すことができます。レストランシップであれば船上でのフルコース料理も楽しめますし、陸地では実現できない船上ならではの演出もポイントです。

1. 神戸の海や山、町並みがダイナミックに動く

日本有数の港町である神戸は、洗練された都会らしさと自然の美しさが調和した景観豊かな都市です。神戸での船上結婚式であれば、クルーザーが進むにつれて刻々と変化する「動く景色」を堪能できます。海に面したメリケンパークや、どっしりとたたずむ六甲山脈、さらに「1000万ドルの夜景」といわれる夜景など、オープンデッキから眺める神戸の景色は一生の思い出になるでしょう。

2. 船上でのフルコース料理は絶品

シェフの搭乗するレストランシップであれば、船上結婚式でも豪華なフルコース料理を堪能できます。披露宴のゲストをもてなす際は、せっかくなら見た目も味も最高のフルコース料理をふるまいたいところ。日本有数の港町・神戸には大型のレストランシップがあるため、船上で披露宴をするのにぴったりです。

3. 船ならではのウエディング演出を楽しめる

船上結婚式なら、船ならではのウエディング演出を楽しめます。開放感あふれるトップデッキでは、神戸の海をバックにして、色とりどりの風船を一斉に放つバルーンリリースや、シャボン玉が空を舞うバブルシャワーなどが楽しめます。

定番のブーケトスも、船上から桟橋に投げるなど、アイディア次第で一味違う演出を実現できます。また、ふだん船員しか入れないブリッジで挙式ができるクルーザーもあり、結婚宣言の際に新郎新婦で汽笛を鳴らすこともできます。

船上結婚式では天候や船酔いに注意

陸上での結婚式にはない魅力がある船上結婚式ですが、注意しておきたい点も3つあります。まずは屋外にあるトップデッキでの挙式であれば、当日の天候や気温に左右されます。また、クルーザーに搭乗してのウエディングのため、船酔いしやすい人は対策が必要です。

台風が直撃すると着岸したままで挙式を行う

台風が直撃したり、あまりにも強い風が吹いたりすると、安全上の問題からクルーザーが出港できなくなります。その場合はクルーザーを着岸させたまま、船内でウエディングを行います。また、雨天の場合もオープンデッキでの挙式ができないことがあります。

神戸の台風シーズンのピークは8月から9月ですので、その時期に挙式を行う場合は注意が必要です。ただし、東京や横浜のような関東地方に比べると、台風による影響は少なく、台風シーズンの降水量も雲泥の差があります。

屋外での挙式は暑さや寒さの影響を受ける

屋外のオープンデッキで挙式したい場合は、暑さや寒さの影響を受けます。クルーザーによっては、屋外用のヒーターやクーラーの提供や、ブランケットやベンチコートの貸与がありますが、ウエディングの時期によってはそれなりの暑さ・寒さ対策が必要です。

とはいえ、神戸は海水温の高い瀬戸内海に面しており、また六甲山脈が風を遮るため、一年を通じて穏やかな気候が続きます。真夏や真冬は対策が必要ですが、4月や5月の春先、9月から11月までの秋口は快適に結婚式を挙げられます。

船上でのウエディングのため船酔いの恐れがある

船上結婚式に使われるクルーザーは大型のものが多いため、実際はほとんど揺れを感じることはありません。また、クルーザーのコースは揺れが少ないところを選び、当日の風向きによって調整しているため、船酔いのリスクは最小限に抑えられています。どうしても船酔いが不安な方は、事前に酔い止め薬を服用しておくか、コンシェルジュに相談しましょう。

船上での挙式の魅力は船ならではの非日常感を味わえること

神戸での船上結婚式の魅力を3点解説してきましたが、いかがでしょうか。船上での挙式であれば、見晴らしのよいオープンデッキから、神戸の海や山、町並みを360度大迫力で楽しめます。レストランシップに乗船すれば、船上でフルコース料理を堪能できます。また、挙式や披露宴の際は、船ならではの演出を実現できます。ウエディングの計画を練っている新郎新婦の方は、ぜひ神戸での船上結婚式を検討してみてください。

関連記事

  1. 船での結婚式!船上ウェディングでの魅力・注意点とは
  2. 船上ウェディングで忘れられない結婚式をしよう!
  3. 結婚式の招待状はいつ送るべき?送り方と時期について
2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP