1月も残すところあとわずかとなりましたが、神戸で行なわれるイベントはまだまだ盛り沢山ですよ♪
1月下旬に入ったこの時期から、神戸観光に訪れる人がグンっと増えます。
さらに、あるエリアではちょっとしたお祭りも開催されているんですよ!
なぜ、年末年始の慌ただしさが落ち着いたはずのこの時期に神戸観光客が増えるのでしょうか?

1月下旬から2月にかけては旧正月

日本国内でのお正月といえば1月1日の元旦ですよね。
しかし、アジアの諸外国ではお正月といえば日本でいうところの「旧正月」なのです。
今年は、1月28日が旧暦での元日となります。
中国ではこの旧正月の時期に1週間ほど祝日が設けられる地域もあるそうで、そのお休みを利用して海外旅行へ出掛ける人も多くなることで、神戸観光客も増えるんですよね。

旧正月は神戸南京町へ行こう

神戸南京町
神戸観光の定番スポットでもある南京町ですが、1月下旬は特に賑わいを見せる時期でもあります。
中国では最も大切にされる祝祭日といわれている旧正月を、南京町でも地域を挙げて盛大にお祝いしています。この旧正月のことを中国では春節とよんでいて、神戸南京町では春節に合わせて『春節祭』が開催されます。
春節祭では、三国志や中国の偉人などの衣装を身に纏いメイクを施した方々が神戸の街中をパレードする姿を見ることができたり、南京町では伝統芸能や雑技を楽しむことができたりと普段よりも活気づいた神戸や南京町を見ることができますよ♪

開催日程とおすすめの催し!

神戸南京町の春節祭は1月27日~29日までの3日間かけて盛大に祝われます。
この3日間であれば、どの日に来ても楽しめるかと思いますがそれぞれの日程でのおすすめイベントをご紹介したいと思います♪

27日(金)のおすすめイベント

春節祭のパレードの写真
春節祭初日のこの日は、なんといってもパレードです!
春節祭の始まりを街中にお知らせするかのように、南京町のある元町から神戸三宮の方までパレードをしてまた南京町に戻ってきます。
このパレードは、3日間のうちで27日しか見られないイベントでもありますので、中国の歴史が好きだという方は是非27日に神戸観光してみてください♪

28日(土)のおすすめイベント

春節祭当日でもある28日は、土曜日なので神戸観光の予定を立てているという方も多くなりますよね♪
変面という言葉を聞いたことがある人はいるでしょうか?
お面を付けた方が舞を踊っているのですが、瞬きをしている間にさっきまでとは違うお面になっている……一子相伝の技ともいわれているそうで、いつどこで変わってしまったのか、さっきまで付けていたお面がどこに行ったのか!
この驚きをまだ知らない方には是非体験してほしいです。

29日(日)のおすすめイベント

神戸南京町の獅子舞
3日間通して行なわれる春節祭の最終日におすすめのイベントは、春節祭の目玉ともいえる大人気のイベントです!
春節祭では、大きな獅子舞が演舞しながら南京町を練り歩いている姿を見ることができます♪
少し怖がってしまうお子さんもいますが、よくよく見てみるとカラフルで可愛らしい獅子舞もいますよ♪
南京町が1年で1番盛り上がる3日間といっても過言ではない1月下旬の連休は、神戸観光で海外の歴史や文化を楽しんでみるのもおすすすめです!

春節祭の思い出を、夜景と一緒に

ルミナス神戸の食事イメージ
一日中ずっと盛り上がりっぱなしというのも楽しいですが、夜には少しクールダウンして大人の時間を過ごしませんか?
華やかな衣装や綺麗な舞など、心も体も楽しんだあとはゆっくりディナークルーズを楽しんでみるのはいかがでしょうか。
せっかくの神戸観光ですから、神戸の景色もたっぷりと楽しんでもらいたいです。
夜景を見に行ったり賑やかな街に繰り出したりも良いですが、神戸の海からの景色というのも滅多に見られるものではありません。
ディナークルーズでは四季に合わせた食材を使った贅沢な食事を楽しめるだけでなく、結婚式や船上パーティーでも利用されている豪華客船の内装に酔いしれながらワインを傾けるのもひとつの楽しみ方ですよ。

神戸観光の締めくくりを贅沢な時間に変えたい方は、ルミナス神戸のディナークルーズをご利用ください♪
★ディナークルーズについてもっと詳しく知りたい方はこちらから★