Pocket

shutterstock_636009821

神戸観光でおすすめのクルージング

神戸はさまざまな魅力のある土地であり、いろいろな楽しみ方があります。観光をする際には多くの楽しみ方があるのですが、その中でもおすすめするのがクルージングです。クルージングにはさまざまな良さがあります。海の上から神戸の美しい街並みを眺めることができます。港町であり、たくさんのクルージングのプランが存在しています。朝や昼、夜とそれぞれの時間帯で異なる景観を楽しむことができます。昼間は太陽によって光り輝く波間を見つめて楽しむことができて、夕暮れ時になると水平線の彼方へと沈んでいく夕日を眺めることができるようになっています。そして、夜になれば素晴らしい夜景を満喫することができるでしょう。
船の上の空間というのは日常を離れた特別な場所となります。船に乗ることを恐れている方がいるかもしれませんが、クルージングであれば数時間程度であり、すぐに陸地に帰ってくることができます。そのため、あまり恐怖を感じることはありません。安全な環境の中で船に乗ることができるからです。
船の上でランチやディナーを満喫することもできるでしょう。こちらの地域ならではの美味しい食材をふんだんに用いた美食に舌鼓を打つことができます。船の中はとても幻想的で美しい世界が広がっているでしょう。上質な雰囲気をしっかりと味わうことができるので、まるで高級ホテルに宿泊しているかのような気分に浸ることができます。船の上では海風を感じることができて、日頃の嫌なことをすっかりと忘れられます。素敵な時間を送ることができるでしょう。このようにさまざまな魅力がありおすすめなのが神戸のクルージングです。
ルミナス神戸の船の紹介はこちら >>

プランについて

実際に神戸を観光で訪れた際に参加してもらいたいものがクルージングです。こちらはたくさんの業者がいろいろなプランを提案しているのが特徴となっています。例えばランチクルーズやサンセットクルーズ、ディナークルーズというものがあります。これはそれぞれ船に乗る時間帯が異なっています。ランチクルーズであればランチタイムに乗り込むことになります。広大な海の中で自然に囲まれた中で美味しい食事をとるというのは格別な時間となります。波の音や鳥のさえずりを聞きながら、癒しの時間を満喫することができるでしょう。その中で美味しいランチを堪能できます。
サンセットクルーズという楽しみ方があります。沈む夕日を眺めて落ち着いた時間を過ごすことができるのが特徴となっています。とてもロマンチックで少しせつなくなるような雰囲気が生まれます。そのため、恋人との二人だけの時間を過ごすのにピッタリでしょう。あるいは友達と賑やかにティータイムを楽しむこともできます。また、ブライダルプランを用意しているケースもあります。この場合は船の上で豪華な披露宴を行うことができるようになっています。盛大な雰囲気で行われて、一生の思い出となり、他にはない特別な時間を過ごすことができます。参加した人も楽しんでくれます。
船の上を貸し切って船上パーティーを開くこともできます。いろいろな記念のパーティーを開くのに適しており、例えば学生が貸し切ることもできます。かけがえのない仲間達との最高の時間を演出できます。
プランの詳細はこちら >>

参加する際の注意点

確かに神戸の観光でクルージングを満喫することは良い思い出となるのですが、注意するべき点について紹介します。まず食事についてですが、もしアレルギーがあるならばきちんと伝えておきましょう。しっかりと対応してくれます。タバコについてはレストランは禁煙となっているケースがほとんどです。ただし、喫煙スペースが用意されていることがあるため、そちらを活用すればタバコを吸うことはできるでしょう。
服装について気になる方がいるかもしれません。気軽に参加できるようなクルーズであれば特に指定はないでしょう。普段どおりの格好のままで乗ることができます。車椅子についてもしっかりと対応できるようになっている場合が多いです。ただし、船の中については階段を上がるために手伝ってもらう必要がある場所もあります。
レストラン船の場合は飲食物の持ち込みは禁止されていることが多いです。基本的に船内で注文したものを飲食することがルールとなっているため注意しましょう。船酔いの心配をしている人がいるかもしれません。神戸の場合は瀬戸内海や明石海峡を航行することになるため、それほど大きな揺れに悩まされることはないでしょう。不安があるならば酔い止めを飲んでおくことをおすすめします。そうすれば酔ってしまうのを避けられます。
その他注意点についてはしっかりと守りましょう。また、気になることがあればどんどん問い合わせをすると良いでしょう。疑問点を残したまま参加すると不安に感じることもあります。アクセスについても確認しておいて、当日は遅刻してしまうことがないように気をつけましょう。

Pocket