Pocket

kobe-2154653_640

幅広い年齢層に人気の神戸の街

観光地として人気の高い神戸の街は、どの年齢の人が訪れても楽しめるスポットがたくさんあります。一つの街の中でいくつもの楽しみ方ができるが、最大の魅力ではないでしょうか。そんな中今回は、神戸の子ども連れの家族におすすめの、スポットをご紹介します。外の天候を気にすることなく、外出できるスポットも人気です。

神戸アンパンマンこどもミュージアム

神戸の街で、子どもに絶大な人気を誇るのが、ハーバーランドにある「神戸アンパンマンミユージアム」です。アンパンマンの世界で体験する、人気のキャラクターたちと触れ合いや、アミューズメントは、子どもが喜ぶこと間違いなしです。

自分でどんどん遊べる幼児が楽しめることはもちろん、小さなお子様用のキッズコーナーも完備されています。館内にあるレストランでは、アレルギー対応メニューもあり、館内設計も安心のバリアフリー設計で、スロープや多目的トイレといった設備が充実。もちろん、授乳室やオムツ替え室、子どもトイレなどもあるため、家族全員安心して楽しめます。遊びに行ったら置き場所に困るベビーカーも、専用の置場が用意されています。

神戸アンパンマンミュージアムに関する情報はこちら >>

ルミナス神戸2

ルミナス神戸2は、ハーバーランドエリアのメリケンパークから出航する、レストランクルーズ船です。1日3便出ていて、乗船のみのクルージングや、デザートが付いたプラン、ランチやディナーが付いたプランなど、シーンに合わせて利用することができます。

外の景色を楽しみたい場合には、1,2便がおすすめです。甲板や側面デッキに出ることもできるので、船が潮風を切る感覚を味わえます。航行が進むと、神戸の街並みや明石海峡大橋も望むことができます。夜の便では、ライトアップされた明石海峡大橋の下を潜り抜けるため、間近に橋を堪能できます。子どもその迫力ある光景に、喜ぶこと間違いなし!

乗船のみでも爽快な海の旅を楽しめますが、1時間20分~2時間20分としっかりと航行時間が確保されているため、食事を付けるのがおすすめです。お子様プレートやコースが用意されていて、久しぶりのお出かけや誕生日など、いつもよりも豪華な食事タイムが楽しめます。お祝い事であれば、オリジナルケーキや花束を用意してもらうこともできます。

アンパンマンミュージアムや大観覧車、ポートタワーがあるハーバーランドエリアなので、その他の観光スポットの前後に楽しむプランもおすすめです。子どもが小さい場合は、あちこち行くと疲れてしまうので、ハーバーランドやメリケンパーク周辺のみでも十分楽しめますよ。

神戸市立王子動物園

「神戸市立王子動物園」は、日本で唯一コアラとパンダを同時に見られる動物園として有名です。コアラもパンダも子どもに大人気の動物ですが、他にも超人気のレッサーパンダなど全部で約130種類の動物を見ることができます。

それぞれの動物のお食事タイムは、大きな見どころ。ゾウのトレーニングタイムや、小動物のふれあいタイムもあって、子どもから大人まで楽しめるスポットです。さらに、家族連れに嬉しいおすすめポイントは、中学生以下の子どもの入園料が無料だという点。大人の入園料も600円とお手頃価格なので、何度も足を運びたくなる動物園です。たくさん行く予定がある方には3,000円の年間パスポートもおすすめです。

動物園内には遊園地も併設されていて、低価格でいくつものアトラクションに乗ることができます。動物とアトラクションを両方楽しめると、飽きやすい子どもでも1日中楽しめます。

神戸どうぶつ王国

神戸で人気の高いレジャーのひとつに「神戸どうぶつ王国」があります。
お手軽料金で動物たちと触れ合うことができ、園内イベントも毎日開催されていますので小さいお子様がいらっしゃるご家族様に大人気です。
動物以外にも植物とも触れ合うことができ、売店で食べ物を購入して大きな広場でくつろいでいるご家族様もよく見かけます。

ルミナス神戸では、神戸の港を存分に楽しんでいただけるようチケット割引をご用意しております。
お昼は神戸ハーバーランドでクルーズを楽しんで、そのまま神戸どうぶつ王国でレジャーを楽しんでいただくことができます。
神戸の海と動植物でお子様とご一緒にどうぞ!

アニマルふれあいクルージングの詳細はこちら >>

六甲山フィールドアスレチック

六甲山の豊な自然を直に感じられる「六甲山フィールドアスレチック」は、子どもが思いきり身体を動かして遊べる施設です。ぐらぐらの丸太を渡ったり、ターザンのようにロープにぶら下がったり。全体を回るには、約1時間半~2時間で、きれいな空気の中、家族みんなで力を合わせてクリアしていけます。

コースの難易度は、基本的に小学校中高学年向きですが、5歳児でもほぼ自分ですべてクリアできるぐらい。それ以下の年齢になると、親の補助が必要になるようです。足が届かないアトラクション以外は、幼稚園児でも楽しむことができます。

訪問の際、車で行くなら、近くの駐車場は駐車可能台数が少ないので要注意です。満車の場合は、併設の「カンツリーハウス」側に回りましょう。バスや電車で行く場合なら、六甲ケーブル下駅か六甲ケーブルで10分ほど。ケーブル利用も、子どもにとっては楽しい経験かもしれません。

神戸市立須磨海浜水族園

神戸市立須磨海浜公園は、飼育生物が約600種、計約1300点がいる人気の水族園です。バンドウイルカやラッコといった、子どもたちに人気の海獣はもちろん、日本ではここでしか見られない魚・パイユ、神戸に住む身近な生き物など、幅広く鑑賞することができます。

アトラクションやイベントも盛りだくさんで、イルカショーや、人気動物の食事風景が見られるだけはなく、有料体験に申し込めば実際に動物たちに触ることもできます。土日と平日では、体験できるイベントに違いがあるので要注意です。

入園料は、小中学生は500円とリーズナブルで、幼児に至っては無料。大人は1,300円ですが、年間パスポートは3,000円なので、何度も行く方はこちらの方がおすすめです。水族館の横には、小さなお子様でも楽しめる遊園地が併設されています。低価格で乗り物に乗れるので、水族館と一緒に楽しむのもいいですね。

南京町

神戸の代表的観光地である南京町は、規模がそれほど大きくないので、子どもを連れて短時間楽しむにはぴったりのスポットです。屋台式のお店も多いですが、落ち着いて食事をしたい場合はお店での食事も楽しめます。

人気のスポットなので、週末やシーズンによっては混雑することもあります。この場合に、子どもには歩き食べが向かないので、「南京町広場」という中華街の中心部にある広場のベンチに座って食べるのがおすすめです。子どもが好きな、フルーツ氷や角煮まんなど、中華グルメを多数楽しむことができます。

神戸の街は見どころスポットが盛りだくさん

色んな顔を持つ神戸の街では、今回紹介したスポット以外にも多くのアミューズメント施設やおもしろいスポットがあります。子どもが大きくなってきたら、北野の異人館エリアにあるトリックアートや、子牛にミルクをあげたりバターづくりなどを楽しめる六甲山牧場、など。

子どもの年齢や、興味があるジャンルから選択してみるといいですね。神戸の街は、電車もたくさん走っていますが、六甲山などの山側の施設になると、行くのに時間がかかる場合もあります。年齢や体力に合わせて選んでいきましょう。

Pocket