Pocket

満点の星空がスクリーンに映し出され、ロマンチックな世界を楽しめるプラネタリウム。
幻想的、神秘的な光景は、子供から大人まで、多くの人々を魅了してやみません。
そんなプラネタリウムが見られる場所が、神戸にあります。

「神戸市立青少年科学館」。
「エネルギー」「情報」「生命」「宇宙」など、様々なテーマの展示やイベントがあり、科学をより身近に感じられる、遊んで学べる施設です。たくさんの勉強をし、お腹が減った頃にルミナス神戸2でクルージングディナーをしましょう!

見て、触れて体験できる展示室

seishonen_001

館内には7つの展示室と、望遠鏡のある「天体観測室」、科学や宇宙の資料がたくさんある「科学情報室」があります。
順番に見て回るのがおすすめですが、いくつかピックアップしてご紹介します。

第1展示室(力のしくみの科学・物質とエネルギーの科学)
色々な力の仕組みや、エネルギーについて学べるフロアです。
自分の手で動かして体験できるものが多く、飛行機の操縦体験が人気です。

第3展示室(宇宙と地球)
幅15メートル、高さ7.8メートルの大画面を活用した、日本初の浮遊体験型アトラクション「時空ホッパー」が楽しめます。
他にもタッチパネル式情報端末「探求のトビラ」、不思議な望遠鏡「地球探査スコープ」などで、研究や謎解きに挑戦できます。

第5展示室(生命の科学)
DNA、細胞などから、人体の不思議や生命の神秘を学べるフロアです。
1日に2回、小学生以上を対象とした、体力診断テストも行われます。

天体観測室
晴れた日には1日2回、日本最大級の屈折望遠鏡「たいよう」での観測ができます。
太陽の黒点やプロミネンスなど、普通の望遠鏡では見られないものを見られるレアな経験です。

星空と音楽に癒される、プラネタリウム

青少年科学館を語る上で外せないのが、冒頭でお話ししたプラネタリウム。
約25000個もの恒星が、20メートルのドームいっぱいに映し出され、継ぎ目のない迫力の映像を楽しめます。

1日に何度も投映され、一般向け、子供向け、期間限定イベントなど、複数の番組があるのがポイント。
投映時間は番組によって変わりますが、基本的に30分~50分程度です。
チケットは当日9時30分から、その日の分を一斉販売するので、確実に見たい方は早めに手に入れておきましょう。

必要最小限の解説のみで、ゆったりと癒しの時間を楽しめる「星空ヒーリング」もおすすめです。

科学館へのアクセス

青少年科学館は、神戸市中央区のポートアイランドにあります。
三宮からポートライナーに乗り、「南公園駅」で降りて、徒歩約3分! 歩道橋を渡ればすぐです。
科学館にはバス専用の駐車場しかないので、公共交通機関の利用が推奨されています。
車で行きたい場合は、周辺の一般駐車場を利用して下さい。

■一日で回れる! 周辺の観光スポット
青少年科学館の周辺には、他にも人気の観光スポットが集まっています。
たとえば、すぐ近くにある「UCCコーヒー博物館」。
日本で唯一のコーヒー博物館で、コーヒーの起源や栽培、文化などが分かりやすく展示されているほか、様々なコーヒーのテイスティングも可能。
他所ではなかなか味わえない、珍しいコーヒーが飲める喫茶店もあります。
コーヒーが飲めない……というお子様連れのファミリー層には、「神戸どうぶつ王国」がおすすめ。
こちらは「ポートアイランド南駅」を降りてすぐのところにあります。
フクロウ、ワシなどの猛禽類の他、色鮮やかなインコやオウム、触れ合えるアルパカ、犬猫など、バラエティに富んだ色々な動物たちと出会える施設です。
ポートアイランドは何もないと思われがちですが、意外にも、一日遊べる観光スポットなんですよ。

お腹がすいてきたところで神戸クルージング

phot_03_28b
神戸観光の際には、ハーバーランドもおすすめです。
明石海峡大橋を望むクルージングが楽しめる、「ルミナス神戸2」など、船での観光でたくさんの方にお越し頂いております。デート、家族、外国人の方などのたくさんの方がたくさんのシチュエーションで思い出を作って帰っていただいております。神戸ならではの景色と素敵なお料理を、是非味わってみて下さいね。

Pocket