Pocket


みなとこうべ海上花火大会の目玉は数千発の花火で、神戸の綺麗な夜景に打ち上げられる花火は関西一といっても過言ではないでしょう。今回はこのみなとこうべ海上花火大会の魅力と、船の上からお祭りを楽しむメリットについて紹介します。

みなとこうべ海上花火大会の魅力

まずは、みなとこうべ海上花火大会の魅力についてご紹介します。

一番の見所は6,500発の花火

みなとこうべ海上花火大会の最大の目玉は、何千何万発も撃ち込まれる巨大な花火です。1971年に開催された第1回大会では400発から700発の花火が打ち上げられていましたが、その数は年々増加。1987年には花火の打ち上げ場所をメリケンパーク沖に変更し、そのときにはすでに花火の総数は2,000発を超えていました。 そして、2009年から尺玉を打ち上げるようになり、2017年には神戸港の150周年を記念して15,000発の花火を打ち上げ、関西最大の規模を誇る大会へと成長しました。 2019年の大会では6,500発の花火打ち上げが予定されています。大会当日は神戸の街が花火一色に彩られることでしょう。ここまで大規模な花火大会は日本でも数少ないため、ぜひ目に焼き付けておきたいものです。

80年以上続く長い歴史のある花火大会

みなとこうべ海上花火大会はとても歴史の長い祭りです。この大会の始まりは1933年、当時まだ建設途中であったポートアイランドで催されるお祭りのイベントの一環として行われるものでした。 しかし、この祭りは神戸港の発達により中止。一方、この大会とは別に、「海の記念花火大会」という祭りが須磨浦海浜公園で行われていましたが、ポートターミナルの発展のために、神戸市港湾局がこの大会をポートアイランドに誘致しました。 それにより、この大会の運営に神戸市港湾局が携わるようになり、このときから海の記念日花火大会は現在のみなとこうべ海上花火大会へと改名されました。 このように、80年以上続く長い歴史を知れば、神戸の街の発展とこのお祭りとの関係が分かり、訪れるたびに歴史の奥深さを感じられることでしょう。

日本三大夜景の神戸の夜景が楽しめる

神戸の夜景は、日本の三大夜景に数えられ、その見る者を魅了する絶景は「100万ドルの夜景」と呼ばれることもあります。花火大会期間中は、100万ドルの夜景と花火の色鮮やかな色彩との見事なコントラストにより、神戸の町が幻想的な雰囲気に包まれます。 写真やテレビではその美しさを映し出すことはできません。そのため、その景色を眺めるだけのためにわざわざ遠くから足を運ぶ人も大勢います。

いくつもの穴場スポットがある

みなとこうべ海上花火大会にはいくつもの穴場スポットがあり、それを見つける楽しみもあります。有名な穴場スポットをいくつかご紹介しましょう。

神戸の街並みを一望できる 六甲山展望台

神戸の街並みを一望できる六甲山展望台高台には、遮る建物がないため花火も綺麗に見えます。ただし、この眺めを求めて訪れる人も多いため、比較的混雑度は高めです。

海側から神戸の夜景と花火を眺められる ポーアイしおさい公園

夜景スポットとして人気が高いポーアイしおさい公園。先ほどの六甲山展望台と異なり、海側から神戸の夜景と花火を眺められます。花火大会当日は市役所とポーアイしおさい公園を結ぶ無料運行バスがあるため、簡単にアクセスできます。

神戸港近くのホテルを貸し切るのもあり!

神戸港近くにあるホテルを貸し切り、おしゃれなディナーを堪能しながら、そこから花火大会の様子を眺めるといった楽しみ方もあります。

みなとこうべ海上花火大会を船から見るメリット

みなとこうべ海上花火大会の花火を楽しむための穴場スポットをいくつかご紹介しましたが、せっかくなら最も綺麗に見える場所で鑑賞したいものです。そこでおすすめしたいのが、船に乗って海から花火大会を眺めることです。 船から大会の様子を見ることには次の3つのメリットがあります。

1. 人混みを避けて夜景と花火を鑑賞できる

船に乗れる人数は限られています。そのため、会場近くの公園や展望台などのように混雑することがなく、快適に花火大会が楽しめます。人混みが嫌い、静かな場所で会話を楽しみながら花火を眺めたいという方は、船から眺める方がよいでしょう。

2. 落ち着いて美味しい食事を堪能できる

花火大会の雰囲気を楽しみながら美味しい料理やお酒を堪能できるというのもメリットです。高級フレンチやケーキビュッフェなどを提供している船なら、花火を見ながら落ち着いたデートができるでしょう。

3. 鑑賞スポットが変化するのでいろいろな角度の花火が見える

船を利用すれば、海上から花火大会の様子を鑑賞できます。海の上には視界を遮るものはありません。そのため、夜空一面に広がる花火が綺麗に見えます。 また、船はゆっくりと海上を移動するため、花火を見る角度は時々刻々と変化します。見るたびに花火の表情が変わるので、長時間眺めていても飽きることはないでしょう。

みなとこうべ海上花火大会を船の上から見てみましょう

みなとこうべ海上花火大会の魅力を紹介しました。このお祭り最大の魅力は数千発打ち上げられる大迫力の花火。多数の花火が100万ドルの夜景と称される神戸の夜景に打ち上げられる様は一生の思い出となるでしょう。 この綺麗な夜景が一番よく見えるのは海の上です。神戸港周辺の海を周遊する クルーズ・ルミナス神戸2を利用すれば、花火大会の様子が一望できます。 遠くから足を運ぶのであれば、一番の絶景が見える船の上から神戸の夜景を楽しんでみてはいかがでしょうか。
Pocket